小さな憩いの庭 「クレマチスを彩る 風のガーデン」

2021年4月に相模原麻溝公園とまち・みどり公社にご協力を頂き、緑の広場の一角にこの度「クレマチスを彩る 風のガーデン」が誕生しました。
緑の広場にはクレマチスのオベリスクがコの字型に並んだスペースではありましたが、その一角を新たに造成し、クレマチスと宿根草やバラなどを植え付けたガーデンになりました。光と風の溢れる「風のガーデン」は相模原クレマチスの会会員が監修し会員による植え付けを行い2021年3月にはおよそ80株のクレマチスとガーデンを彩る宿根草や低木、草花など60種を植え込みました。

相模原クレマチスの会ではこの”風のガーデン”の四季を追いながら長期的な育成、栽培、管理を行っています。

風のガーデン

※麻溝公園のご説明と園内図は相模原市まち・みどり公社のホームページを併せて御覧ください。

風のガーデンのオベリスクとフェンス

 

2021年03月14日(日)風のガーデン 植栽の様子

2021年03月27日 風のガーデンの様子

2021年04月03日 風のガーデンの様子

※以後は投稿ページに掲載いたします。

 

クレマチスの会の活動の拠点として

会員同士が四季を通じて、この風のガーデンに集い、語り合えるように ”クレマチスをもっと魅力的に””多くの宿根草や下草の”植栽を行いました。

クレマチスの会の会員は”風のガーデン”に集い、一年を通じて長期的に育成・管理を行っていきます。訪れる方の心を和ませ幾度も足を運んでもらえるような庭を作りたいと願っています。

 

お問い合わせはお気軽に